こんばんは。教室長の河野です。

 

「どうやって成績をあげるのか」というテーマについて

ショウインのサポートブログにあったものを紹介します。

 

どうやって成績を上げるのか

どうやって成績を上げるのか・・・

このテーマでお悩みの親御さんは本当に多いです。

家庭教師、通信教育などをやらせても

成果が出ないということであれば、

お子様の学習手順を見直されるとよいかもしれません。

実は成績を上げるためには、コツと手順があります。

 

まず「わかるところから始める」ことです。

小さな「わかる」を積み重ねて、

自信とやる気、楽しさ、集中力を育むことです。

 

次に、小さな「わかる」を積み重ねて、

実際に単元をクリアさせることです。

このとき、「小さな目標の達成」を認めてあげると同時に

具体的に「得点」を意識させることが大切です。

「次は、前よりも良い得点がとれる!」

と、お子様の心の中で「悔しさ」と「培った自信」で 化学反応が起きると、

「次のステージへ引き上げる学力」 が生まれてきます。

( ショウインでは、「わかるまで先に進ませない」という

指導方法で、厳しさの中にも、子どもたちの「伸び」を

信じることに重点をおくようにしています。)

 

最後に、「わかるまでくり返す」ことです。

目標が見えたなら、

その目標を達成できるまで、

学習内容が理解できるまで、自らの力でくり返すこと。

学力を高める姿勢、行動力を育む、極めて重要な点です。

( ショウインでは、学習システムを使って、

お子様がわかるまで繰り返さざるを得ないように

仕組み化しています。)

 

・わかるところから始める

・わかるまで先に進ませない

・わかるまでくり返す

 

の3つがしっかりと定着した子は、

学力アップはもちろん、

高校や大学、社会人になっても、生涯を通して、

正しい学習の仕方を習得したことになります。

ぜひ、小・中学生のうちに、生

涯にとって大切な学習スタイルを

身に付けてもらえたらと思います(^^)

 

 

以上、転載です。

 

 

 

ショウイン式では、

わかるまで何度でも繰り返すことができます。

「何回もやるなんて…厳しいなあ…」

と言う生徒もいます。

確かに、甘やかして、

楽をさせることは簡単です。

しかし、妥協した状態が続くと、

生徒の学年が上がっていくにつれて、

勉強面でいつか壁にぶち当たります。

自分で学ぶことの大切さを

わかってもらうために、

今宿校でも生徒が自分の力でわかるまで

指導しています。