こんばんは。教室長の河野です。

 

ショウイン学習サポートブログの記事を紹介します。

 

テストで結果が出やすい人

中間テストや期末テストの時期に
聞こえてくるセリフがあります。

「あ~、もう少し早くからやってれば
もう少しとれたよな~」

一見、向上心のある言葉に聞こえますが、
「毎回」言っている子も少なくはありません(-_-;)

むしろ、得点できなかった「言いわけ」に
聞こえてくるのは言葉の面白いところです^^

「部活があって時間がない」
「練習が長くて疲れる」

しっかり得点できている人はそういう中でも
しっかりやっていますし、
逆に時間がたくさんある人は、
「まだいいか」という意識がはたらいて
結局は取りかかりが遅くなってしまう…。

時間の有無にかかわらず、
確実にやると決めたらやる!

この意識が強い人ほど結果が出やすいのです。

考えてみれば、大人の世界でも
言い訳をする人は、どんな環境でも言い訳をし、
前向きな人は、自分のできる範囲で計画を立て
それを実行します。

実は、中間・期末テストの時期に
生徒へ伝える「勉強意識」は
非常に奥深い意味合いのものです。

努力したからといって全て報われるとは限らない。
しかし、成功した者はみな例外なく努力をしている。

成功者とよばれる人は例外なく努力をして、
しかもそれを続けた人たちです。

いつもテストが終わってから同じようなことを
言っているのではなく、テスト前にたくさん
問題を解いて、たくさん間違えること。

生徒たちには、間違えることを恐れず、
「確実にやる」意識を持たせられるよう、
ショウイン学習システムとコーチング術を駆使して
「自立学習のショウイン」を実現して参ります。

mig